ほくろ除去で見た目悩みナッシング【スマイルアップ】

鏡を持つ人

ほくろよなくなれ

美容整形

ほくろの仕組み

ほとんどの方が体のどこかにもっているほくろ。漢字では黒子とも書きますが人によってはコンプレックスですよね。特に顔などにたくさんある方やとりわけ大きなほくろを持っている方は「無くしてしまいたい」と思われているかもしれません。最近の美容外科ではほくろ除去のサービスなども行っています。ほくろ除去は大きさや場所によって料金が異なりますし、顔などは跡が残ってしまうかもと懸念して思い切れない方もいらっしゃるかもしれません。そんな方に向けてほくろ除去の方法やメカニズムをご紹介していきます。まず、ほくろのメカニズムですが色々な通説がありました。がん細胞だという説や栄養素の固まりだとか。医学の発達によりその正体は判明していますが、メラノサイトと呼ばれるものがほくろの正体です。このメラノサイトはメラニン。これは良く聞く名前だと思いますが、黒っぽい色素をもっている成分を生成して、それが皮膚の浅い部分で行われるために黒く見えるわけです。メラノサイト自体はどれも同じですが、ほくろには単純黒子と呼ばれる先ほど説明した皮膚の浅い部分でメラノサイトがメラニンを作るケースと、色素性母斑と呼ばれる盛り上がってくるほくろの二種類があります。後者の方は母斑細胞といういくつも折り重なった層をメラノサイトが構成し、徐々に大きくなってきたりします。どちらかというとこちらのほくろの方がほくろ除去で依頼が多いのではないでしょうか。このような形でメラノサイトがメラニンを生成し、皮膚の下に残っているのがほくろの正体なのです。

ほくろの除去方法

それでは、ほくろ除去の方法について紹介していきましょう。前述の通り、ほくろの正体はメラノサイトが生成したメラニンです。これを除去するにはいくつかの方法がありますが、共通しているのはほくろそのものを切ったり削ったりして無くすという点です。ほくろは皮下にありますので、皮膚をどうしても傷つけることになりますからその跡に気をつけて除去方法を選択していくと良いでしょう。多くのケースでレーザーを使用することになると思いますが、レーザーにも色々な種類がありますので留意してください。盛り上がってきているほくろ、先ほど説明した色素性母斑の場合は外科手術によって切除することもあります。ただし、こちらの場合でも切除後に残ったほくろをレーザーによって焼いてしまうケースが多いので、いずれにせよ跡には気を配りたいものです。炭酸ガスレーザーが多くのケースで選択されますが、この1種類だけで終わってしまうと取り残しが発生して再発する可能性もあります。そのため最近ではこの炭酸ガスレーザーで一定範囲を焼き切った後にメラニンにのみ反応するレーザーを照射し、完全に残さないようにします。最後に、ほくろの除去においてもう一つ重要な点として、取った後の治療があります。誰しもほくろの跡を残したくないと思うはずですが、ほくろ治療はどうあっても皮膚へダメージを残しますのでこの治療がきれいにできるかどうかが跡になるかを分けます。ですのでほくろ除去の処置を行った後は専門医のアドバイスに従ってケアすることが重要です。

Copyright© 2015 ほくろ除去で見た目悩みナッシング【スマイルアップ】All Rights Reserved.