ほくろ除去で見た目悩みナッシング【スマイルアップ】

鏡を持つ人

ほくろの除去の経験あり

美容整形

除去をする前

ほくろ除去を考える方の大半は、コンプレックスによるものだと思います。ほくろが目立つ場所にあったり、大きいものであったり、または何かの邪魔であったりと悩みも様々なものがあるとでしょう。そんな悩みを抱えているとストレスになったり、人の顔を見れないなんてこともあると思います。私もそうでした。私の場合は鼻に大きめのほくろがあり、人と話す時に顔を見れずに悪い印象で相手に見られてしまったり、顔を洗う時にも鼻に当たらないようにとても慎重に洗ったりとほくろのせいで色々なことに悩みました。ですがいざ除去を考え始めても「お金がいくらかかるのか」「本当に綺麗に除去できるのか」「跡が残ったりしないか」など様々なことが頭によぎりなかなか決断に至れませんでした。お金に関してはやはり場所によっては1万円のところもあれば、5万円のところもあります。保険が適用される場合であれば、1万円も切ることもあるでしょう。ほくろ除去をする場所としてはまず間違いなく病院やクリニックなどでやらなければ後悔します。私は自分で針などを使ってしてみたことがありますが、ほくろというのは皮膚の奥まであり表面だけではないので表面を除去したところでほくろ自体はなくなりません。それどころかむしろ、より大きくなり手に負えなくなることも考えられます。また安いからといって費用だけで決めてしまうのもよくありません。信頼できるクリニックなどを検索し、事前にカウンセリングを行ってくれて患者に適した治療を提案してくれるところを探しましょう。そしていざ見つかった場合にはよく先生と話し合い様々な方法があるので、その中で自分に適した治療を受けることです。

除去、そして除去をした後

私はレーザー手術でほくろ除去をしました。皮膚科で行ったのですが、思っていたより時間は長かったですが比較的早く終わります。手術後には深く皮膚がえぐれて血が出てきます。それを押さえて血が止まれば薬を塗ってテープで覆います。最初に傷口を見た時にはほくろがこんなに皮膚の奥深くまであるのかということにとても驚きました。さらに除去はできてはいるものの本当にこんな深くえぐれた皮膚が完治し跡が残らないのか不安にもなりました。その日はテープを何枚も患部に重ねているのでマスクをして過ごさなければいけませんでした。ほくろ除去というのは除去してからが本番だと私は思います。最低でも3週間程度は病院またはクリニックで貰える軟膏を患部に塗り、そしてテープをなり続けなければなりません。テープをそんなに長く貼り続けるのはもちろん傷口が化膿しない為というのもありますが、何より1番大事な紫外線予防が目的です。ですので私の場合は傷口が治ってきた頃には日焼け止めも貰えました。紫外線というのはほくろの増加や肥大化を考える上で1番の敵ですので、そこをしっかり対策するのいうのもとても重要です。だから病院またはクリニックにはしっかりと言われた通りに通うことも、ほくろ除去後に綺麗に完治するためには必要なことです。そして綺麗に完治するためには個人差もあるでしょうが、6ヵ月程はかかります。ですが最初の1ヵ月程を乗り越えれば、後は日焼け止めだけで大丈夫になると思います。私はほくろ除去をすることにより、コンプレックスを改善できて少しは明るくなれて見える世界も変わったと思います。ですので悩んでる方は検討してみるのも1つの手だと思います。

Copyright© 2015 ほくろ除去で見た目悩みナッシング【スマイルアップ】All Rights Reserved.